>>今売れているのはコレ!家電ランキングを見てみる【楽天】

 シロカSY-D151の電気代や音の大きさはどれくらい?口コミや評判も

SY-D151

シロカの除湿機能付きポータブルクーラーSY-D151が、2022年5月に発売されました。

SY-D151は、業界最小で最軽量のスポットクーラーとして注目されています。

さらに、クーラーとしてでなく除湿も出来ることで話題になっています。

そこで気になる、SY-D151の電気代や音の大きさについてお伝えしていきます。

また、口コミや評判もご紹介しますね。

SY-D151の1時間あたりの電気代の目安は、約4.3円

運転中の音の大きさは約54dBです。(冷風運転、風量3の時)

騒音の目安として、50dBで静かな事務所と例えられます。

SY-D151の口コミでは、

  • コンパクトだけど涼しい
  • 色々な場所で使える
  • 小さくて置きやすい
  • デザインがすっきりしている

など高評価な意見がよせられています。

SY-D151は、工事不要!コンパクトで除湿機能付きのポータブルクーラーなので、

  • 工事不要だから手軽に使える
  • 持ち運びが楽で家中で活躍
  • 冷風も除湿も出来て一年中使える
  • 低消費電力で省エネ

といった、使いやすさや便利さが期待できます。

本文では、SY-D151の悪い口コミ評判も含めてご紹介するとともに、機能や特長についても詳しくお伝えしていきますね。

▼クーラーだけでなく除湿も出来ちゃう!SY-D151

スポンサーリンク
目次

シロカ除湿機能付きポータブルクーラーSY-D151の電気代は高い?

クーラーというと気になるのが電気代。

シロカのポータブルクーラーには、DCコンプレッサーが採用されています。

それによって低消費電力になっています。

シロカSY-D151の消費電力は約160Wです。

目安で見ると、冷風運転または除湿運転した場合、

SY-D151の1時間あたりの電気代の目安は、約4.3円

スポットクーラーとして使うなら、1日中稼働させることは少ないと思います。

例として、

  • 3時間使用:約13円
  • 8時間使用:約35円
  • 1ヶ月(1日6時間使用の場合):約780円

※1kWh27円で計算(使用状況・電力会社により変動あり)

温度などの環境によって変動はありますが、約半日毎日使用したとしても、電気代は1,000円弱。

使い方や使用時間で、おおよその電気代を想定しておくと安心ですね。

つぶ

工事して取り付けるクーラーはもっと電気代がかかるイメージだから、併用して上手く使っていくと良いね!

わたしは部屋にいるのが自分一人だったり、子供が少しだけ部屋で勉強したいなんて時、わざわざエアコンをつけるのはもったいないと思うことがあります。

だからといって、扇風機でもまだ暑く感じる・・・という。

そんな時こそ、SY-D151があるととても便利だと感じました。

シロカ除湿機能付きポータブルクーラーSY-D151の音はうるさい?

運転音についてみていきます。

騒音の大きさは dB(デジベル)で表されます。

SY-D151を冷風運転・風量3で使った時で、約54dB。

下記は、騒音の目安例とされています。

騒音値騒音の目安例
60dB走行中の自動車内・デパート店内
50dB家庭用エアコンの室外機・静かな事務所
40dB図書館内・静かな住宅地の昼
30dB鉛筆での執筆音・深夜の郊外
20dB木の葉のふれあう音・雪の降る音

SY-D151はまだ口コミが少ないので、同じ騒音量のスポットクーラーの意見を見てみました。

すると「少し気になる」「大きいと感じる」「それほど気にならない」など、意見は分かれていました。

音の感じ方は個人差があるところですが、54dBだと音は少し気になるかたもいるかもしれませんね。

ただ、54dBというのは「風量3」の時です。

気になる時は風量を落とすなど、上手に使っていくとよいですね。

▼クーラーだけでなく除湿も出来ちゃう!SY-D151

シロカ除湿機能付きポータブルクーラーSY-D151の口コミ評判をレビュー

SY-D151の口コミはまだ少ないですが、今時点であげられているものをまとめました。

SY-D151の悪い口コミやデメリット

悪い口コミはまだみられないので、集まり次第追記します。

SY-D151の良い口コミやメリット

  • コンパクトだけど涼しい
  • 色々な場所で使える
  • 小さくて置きやすい
  • デザインがすっきりしている

小さいけど、しっかり冷たい風が出ると喜びの声が見られました。

そして、ボタンも押しやすいとのことで、デザインだけでなく使い勝手のよさも好評です。

コンパクトで置きやすいので、車中泊で使ってみたいとの声も見られましたよ。

つぶ

手軽に持ち運び出来るから、色々な場所で使えるのが魅力だね♪

▼工事不要で手軽に使える!SY-D151

シロカ除湿機能付きポータブルクーラーSY-D151の機能や特長

主な特長はこちら。

SY-D151の機能・特長
  • 手軽に持ち運び「軽量コンパクト」
  • DCコンプレッサー採用で低消費電力
  • 冷風、除湿、送風の3モード搭載
  • 排気用ダクトつき
  • 1年中使える

ここまでで説明出来なかった項目をピックアップしてご紹介します。

手軽に持ち運び「軽量コンパクト」

SY-D151は、業界最小・最軽量のポータブルクーラーです。

  • サイズ:幅22cm × 奥行22cm × 高さ41.4cm
  • 重さ:6.5kg(本体のみ)

本体には、取っ手も付いていて持ち運びしやすくなっています

なにより、工事が不要で手軽に移動させられるのが大きな魅力です。

脱衣所や、子供部屋など必要な時に必要な場所で使えるのが大きな魅力ですね。

つぶ

手軽に持ち運べるから、家中で大活躍だね!

冷風、除湿、送風の3モード搭載

SY-D151は、「冷風」「除湿」「送風」の3モード

風量は3段階で設定できるようになっています。

SY-D151の大きな特長となっているのが除湿機能。

1日4.4Lの除湿が可能

ただ、水タンクの容量は1Lなので、こまめに水を捨てる必要があります。

目安としてタンクは5~6時間で満水になるとのこと。

水捨てが面倒な場合は、市販の排水ホースを取り付ければ、連続排水もできます。

排水ホースを使えば、水捨ての手間がなくなるので楽ですね♪

除湿機能があると、部屋干しや梅雨時期のジメジメ対策にも使えてとっても便利です。

つぶ

操作ボタンもシンプルでわかりやすいのが良いね。
タイマーも2・4・6時間の3段階で設定できるから便利!

排気用ダクト

SY-D151はスポットクーラーで、冷風は出るけれど部屋全体を冷房することはできません。

締め切った部屋で運転すると、排熱で部屋の温度があがってしまいます。

そんな時に便利なのが、付属の排熱ダクト。

排熱ダクトを使うと、部屋の温度の上昇を抑えることが出来るので、効果的に冷風運転ができます。

排熱ダクトは、本体背面の排熱用吹出口に差し込むだけなので簡単に取り付けられますよ^^

もぐ

部品の取り付けとか苦手で不安・・・。
だから、取り付けが簡単なのはありがたい!

1年中使える

送風と除湿では、対応環境温度5~38℃なので一年中使えるのが良いです。

冷風の場合は、17~38℃なのでご注意を。

冷風は主に夏に使うと思いますが、送風や除湿は季節にかぎらず使いたい場面が多いものです。

つぶ

梅雨は部屋干しで洗濯物が乾きにくい、冬は結露しちゃって困るし。
1台で色々な場面で使えるからお得感があるよね!

1年中使えるのはもちろん、コンパクトだから出しっぱなしにしておいても邪魔にならないのも魅力ですね。

SY-D151のスペック

SY-D151
冷風能力0.350kw
除湿機能4.4L/日(タンク容量:1L)
消費電力(約)160W
風量73㎥/h
外形寸法(約)幅22cm × 奥行22cm × 高さ41.4cm
質量(約)6.5kg(本体のみ)
外形寸法(高さ×幅×奥行)459×178(+脚部12)×357mm
電源コードの長さ(約)1.8m
運転条件<室内温度>送風・除湿:5~38℃、冷風:17~38℃
<室内湿度>90%以下
付属品本体、ダクト吹出口カバー、ダクトホース、ダクトアダプター、取扱説明書(保証書)

▼1年中使える!SY-D151

 シロカSY-D151の電気代や音の大きさはどれくらい?口コミや評判まとめ

以上、シロカの除湿機能付きポータブルクーラーSY-D151についてご紹介しました。

SY-D151は、コンパクトで除湿機能もついた注目のポータブルクーラーです。

SY-D151の機能・特長から、

  • 工事不要で手軽に使える
  • コンパクトで置きやすい
  • 取っ手付きで楽に移動出来る
  • 除湿も出来るから湿気対策にもなる
  • 1年中使える

などのメリットがありました。

手軽に便利で様々な場面で活用していけるので、この機会にチェックしてみてくださいね^^

▼クーラーだけでなく除湿も出来ちゃう!SY-D151

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク
目次