\ 最大10%ポイントアップ! /

RE-WF183とRE-WF182の違いを比較!選ぶポイントは?シャープオーブンレンジ

RE-WF183

シャープ人気の「PLAINLY」シリーズのオーブンレンジ。

RE-WF183RE-WF182の違いを比較しました。

2つは、新旧モデルの関係で発売時期が異なります。

RE-WF182はRE-WF183の型落ち品になります。

  • RE-WF183:2022年6月発売(新モデル)
  • RE-WF182:2021年9月発売

の違いは下記の2つ。

RE-WF183とRE-WF182の違い
  1. デザイン(メニュー表示)
  2. NEW!「フリーズドライスープ」メニュー

新モデルのメニュー表示がスッキリし、より見やすくなりました。

さらにフリーズドライスープを飲みごろ温度にあたためてくれるメニューが新搭載!

なので、ポイントはメニュー表示のスッキリさと、フリーズドライスープメニューが必要かどうかにあります。

特にフリーズドライスープメニューは、忙しい朝に便利な機能です。

新旧モデルに少しの違いはありますが機能の特長から、

  • おしゃれでコンパクト
  • 自動調理が可能な「らくチン!センサー」搭載
  • フラット庫内でお手入れ簡単
  • 見やすい大型ホワイトバックライト液晶
  • 使いやすいシンプル操作

など、シンプルだけど必要な機能は十分あるので、便利と使いやすさが期待できます^^

新旧モデルの違いから、新モデルRE-WF183は

  • フリーズドライスープをよく飲む
  • メニュー表示はシンプルなものが良い
  • どうせなら新しいモデルを取り入れたい

といった方におすすめです。

旧モデルRE-WF182は、

  • フリーズドライスープメニューはなくても困らない
  • 少しでも費用を抑えたい
    (2022年7月時点での価格で比較)

といった、価格重視の方におすすめです。

本文では、RE-WF183とRE-WF182の違いを比較するとともに、機能や特長についても詳しくお伝えしていきますね。

シャープのオーブンレンジもランキンキング入り♪

▼フリーズドライスープが簡単に飲みごろの仕上がりに♪RE-WF183

▼少しでも安い方がいいなら、RE-WF182

>>>RE-WF182の口コミについてはこちらの記事でまとめています。

スポンサーリンク
目次

シャープオーブンレンジRE-WF182とRE-WF181の違いを比較

RE-WF183とRE-WF182の違いは2つ。

  1. デザイン(メニュー表示)
  2. 「フリーズドライスープ」メニュー

一つずつ見ていきます。

デザイン(メニュー表示)

RE-WF183とRE-WF182のカラーはどちらも2色展開。

▼RE-WF183

  • ホワイト系:RE-WF183-W
  • ブラック系:RE-WF183-B

▼RE-WF182

  • ホワイト系:RE-WF182-W
  • ブラック系:RE-WF182-B

RE-WF183とRE-WF182は、本体カラーは同じですが、メニュー表示部分が変わりました。

RE-WF183は、イラストを用いて、よく使うメニューに厳選

より選びやすいようになりました。

ご家庭によっては、頻度の高くないメニューを頻繁に作っている場合もあると思います。

頻度の高くない残りのメニューは、庫内にちゃんと表示されているのでご安心を^^

つぶ

メニューは扉にたくさん書かれてると探すのに時間がかかるから、スッキリ見やすくなって嬉しいね♪

「フリーズドライスープ」メニュー

新モデルRE-WF183には、「フリーズドライスープ」メニューが新搭載。

フリーズドライスープが手軽に飲みごろ温度で出来上がります。

RE-WF183(新)RE-WF182(旧)
フリーズドライスープメニュー×

作り方は簡単!

市販のフリーズドライスープの素に水を入れ、メニュー番号を選んでスタートするだけ。

わざわざお湯を沸かさなくてもいいので便利です。

最近、お店で見るフリーズドライスープの素は種類も豊富!

手軽に出来るので、色々な味をストックしておきたくなりますね^^

つぶ

レンジで手軽にスープができるから時短できて忙しい朝にも便利だね♪

▼フリーズドライスープが簡単に飲みごろの仕上がりに♪RE-WF183

▼少しでも安い方がいいなら、RE-WF182

>>>RE-WF182の口コミについてはこちらの記事でまとめています。

シャープオーブンレンジRE-WF183とRE-WF182の価格を比較

RE-WF183とRE-WF182の価格の違いをみていきます。

2022年7月時点では、旧モデルRE-WF182のほうが約3,500円安くなっています。

楽天市場の最安ショップの価格
  • RE-WF183(ホワイト):38,000円
  • RE-WF182(ホワイト):34,484円

※2022年7月時点の価格です。

家電は発売後、徐々に価格が下がってきますし変動しています。

この記事を書いている時点では、新モデルRE-WF183はまだ発売して間もないので価格が高めです。

RE-WF182は、発売から少し経っているので価格は下がってきています。

ただし、新モデルの登場で旧モデルはは生産終了になると、今後在庫が少なくなり価格が高騰する場合もあります。

「型落ちモデルは安い」という印象がありますが、時期によっては新モデルと同じくらいの価格・・・なんてことも。

価格は常に変動するので、最新価格は確認してくださいね。

また、新モデルは人気機種だとお取り寄せになることもあるので、ほしい場合はお早めにチェックしてみてくださいね。

最新価格は下記で確認できます。

▼RE-WF183

>>>楽天市場で現在価格を見てみる

>>>Amazonで見てみる

▼RE-WF182

>>>楽天市場で現在価格を見てみる

>>>Amazonで見てみる

RE-WF183とRE-WF182選ぶポイント・どちらを選べばいい?

RE-WF183とRE-WF182の違いから、どちらが合っているかまとめました。

RE-WF183はこんな方におすすめ

RE-WF183
  • フリーズドライスープをよく飲む
  • メニュー表示はシンプルなものが良い
  • 少し価格が高いくらいなら新モデルを取り入れたい
改良点に魅力を感じる人に♪

▼フリーズドライスープが簡単に飲みごろの仕上がりに♪RE-WF183

RE-WF182はこんな方におすすめ

RE-WF182
  • フリーズドライスープメニューはなくても困らない
  • 少しでも費用を抑えたい
価格重視の人♪

新モデルとはデザインの一部でメニュー表示が少し違いますが、基本的な機能は同じです。

フリーズドライスープメニューを特に必要としない場合は、RE-WF182で十分だと感じます。

2022年7月時点で、新型と旧型は約3,500円くらい安くなっています。

※ 価格は時期によって変動するので購入前に要チェックです。

欲しい場合は、お早めにチェックしてみてくださいね^^

もぐ

ちなみにわたしの場合は、これくらいの価格差だったら長く使うことを考えてRE-WF183を選ぶかな♪

▼少しでも安い方がいいなら、RE-WF182

>>>RE-WF182の口コミについてはこちらの記事でまとめています。

シャープオーブンレンジRE-WF183・RE-WF182共通の特長

RE-WF183とRE-WF182の主な共通の特長をご紹介します。

RE-WF183とRE-WF182の特長
  • らくチン1品
  • 全解凍・サックリ解凍
  • トースト
  • 冷凍食品あたため
  • コンパクトサイズのワイドフラット
  • 大型ホワイトバックライト液晶

ここまででご説明しきれなかった機能や特長を、ピックアップしてご紹介しますね。

らくチン1品

「らくチン!センサー」が、食品からの蒸気量で、加熱具合を見分けます。

なので、分量が変わっても自動で調理OK!

レンジ加熱に対応した容器なら、ガラス製でもプラスチック製(140℃以上のもの)でも使えます。

らくチン1品でできるメニューは短時間で出来上がるので、あと一品欲しい時に便利♪

らくチン1品は、1人分から4人分なら分量の設定もいらないのでとっても簡単です。

らくチン!メニューを選んだら、あとはスタートボタンを押すだけという手軽さ。

らくチン1品メニューは、例として下記のようなレシピがあります。

「らくチン!ベジ」

  • 小松菜のおかかあえ
  • もやしとウインナーのカレー炒め
  • しそじゃが

「らくチン!煮物」

  • 大根とベーコンの煮物
  • かぼちゃの煮物
  • じゃがいもときのこの煮物

などなど。

他にもあと一品欲しい時にピッタリのレシピがありますし、好きな野菜に変えてアレンジも楽しめます。

また、「らくチン!センサー」は仕上がりを見分けてくれるので、市販の冷凍食品が自動であたためられます。

冷凍食品の温めは通常ワット数や時間を設定しますね。

RE-WF182・RE-WF183では設定不要なのでとても便利です。

冷凍食品あたためは、1人分の冷凍パスタや冷凍弁当などが温められます。

つぶ

あと一品欲しい時にピッタリなレシピは、上手く活用すれば時短出来て便利だね。
冷凍食品も設定なしで出来るのは楽チン!

全解凍・サックリ解凍

選べる2種類の解凍が便利!

  • 全解凍:すぐに調理できる状態にしたい時
  • サックリ解凍:必要な分だけ切り分けて、残りを再冷凍したい時

わたしは他機種のシャープオーブンレンジを愛用中ですが、同じ解凍機能が搭載されています。

特にサックリ解凍がお気にいり♪

少しだけ解凍されるので、食材を無駄なく便利に使うことが出来ています。

冷凍していたお肉を半分だけ使いたいんだけど・・・

なんて時にとっても便利ですよ^^

おまけに、小分けに冷凍する手間も省けるので時短にもなります。

トースト

一度に2枚の食パンをトースト出来ます。

加熱時間の目安は、

  • 1枚:約5分30秒
  • 2枚:約6分

焼き方は角皿にパンを置いて庫内に入れたら、

  1. ダイヤルでメニューを選択
  2. スタート
  3. 途中停止音がるので、ドアを開けてパンを裏返す
  4. 再びスタート

途中で裏返す必要がありますが、音でお知らせしてくれるので安心です。

ちなみに、途中で裏返すのが面倒な方はRE-WF263がおすすめです。

RE-WF263は、同じ「PLAINLY」シリーズの、過熱水蒸気オーブンレンジです。

>>>RE-WF263についてはこちらの記事にまとめています。

コンパクトサイズのワイドフラット

ワイドフラット庫内で、お手入れがしやすくなっています。

さらに、汚れが気になる時には「お手入れ」自動メニューが搭載されているので便利です。

中の広さが十分だと、コンビニ弁当などのあたためなどにも困りませんね。

大型ホワイトバックライト液晶

光るバックライト液晶なので、くっきり見やすいです。

液晶が見にくいとストレスになりますよね。

毎回設定時に見るところなので、見やすさは重要です。

つぶ

バックライトがあると、暗いところでも操作に困らないね。

その他

  • ノンフライ調理・スチームあたため
  • 左から右へ流れるような操作性!使いやすいキー&ダイヤル
  • 調理後のにおいを抑える、脱臭クリーンコート
  • 電源オートオフ機構

などなど、あると嬉しい特長がたくさんあります。

RE-WF183・RE-WF182は総合的に見ると、使いやすく時短が出来る機能が多い印象です。

おしゃれでコンパクトでもあるので、人気があるのも納得です。

▼フリーズドライスープが簡単に飲みごろの仕上がりに♪RE-WF183

▼少しでも安い方がいいなら、RE-WF182

>>>RE-WF182の口コミについてはこちらの記事でまとめています。

RE-WF183とRE-WF182の違いを比較!選ぶポイント まとめ

シャープのオーブンレンジRE-WF183とRE-WF182の違いを比較、特長をご紹介しました。

違いは2つでした。

  • デザイン(メニュー表示)
  • 「フリーズドライスープ」メニュ

また、共通する特長から、

  • おしゃれでコンパクト
  • 自動調理が可能な「らくチン!センサー」搭載
  • フラット庫内でお手入れ簡単
  • 見やすい大型ホワイトバックライト液晶
  • 使いやすいシンプル操作

などなど、多くのメリットがありました。

RE-WF183・RE-WF182は総合的に見て、使いやすく時短が出来る印象を持ちました。

RE-WF183は、より見やすいメニュー表示と「フリーズドライスープ」メニューが搭載されたので、ますます人気になる予感がしますね。

オシャレで使いやすいRE-WF183・RE-WF182を、この機会にチェックしてみてくださいね^^

▼フリーズドライスープが簡単に飲みごろの仕上がりに♪RE-WF183

▼少しでも安い方がいいなら、RE-WF182

>>>RE-WF182の口コミについてはこちらの記事でまとめています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク
目次