【必見!】Amazonチャージでお得にお買い物>>

NI-WL705の口コミ評価・NI-WL704との違いも比較【パナソニック カルル】

NI-WL705の口コミ評価・NI-WL704との違いも比較【パナソニック スチームアイロン・カルル】

ということでお届けします。

 

パナソニックのコードレススチームアイロン「NI-WL705」は2019年9月1日に発売されました。

PanasonicのコードレススチームアイロンのWLシリーズでは、最新型のスチームアイロンです。

 

NI-WL705は口コミ評価も良く、軽くて使いやすい・スチームも十分・買ってよかったと満足度も高いです。

 

NI-WL705は、大手通販サイト楽天ショップのアイロンランキングにも入っている人気ぶり☆

こちらからチェック!

↓ ↓ ↓

>>アイロン人気ランキングを見る【楽天】 

 

「NI-WL705」は「NI-WL704」と型番も近く、見た目がほとんど同じなので、何が違うのか気になりますよね。

NI-WL705NI-WL704の違いは、グリップ部分の形とコードの長さです。

NI-WL705は、握りやすい形の指かけグリップになっていて、コードの長さは、NI-WL704のが20cm長くなっています。

 

アイロンは一度買ったら長く使うものなので、どうせなら使いやすく良いものを選びたいですよね。

その為に気になった商品、NI-WL705について詳しく見ていきましょう。

さらに、おすすめの購入場所もご紹介します♪

 

▼NI-WL705を早速チェックする方はこちらをクリック

▼NI-WL704はこちら

スポンサーリンク
目次

パナソニックコードレススチームアイロンNI-WL705の口コミ評価

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

NI-WL705-P パナソニック コードレススチームアイロン(ピンク) Panasonic カルル [NIWL705P]
価格:13000円(税込、送料無料) (2020/7/23時点)

楽天で購入

 

 

NI-WL705は、楽天・Amazon共に人気商品となっています。

売れているだけでなく、口コミ評価もとても良いです。

良い口コミが多いのですが、中には思ったものとちょっと違った・・・と感じる人の意見もあるので、多くの口コミの中から、良いクチコミ・悪いクチコミをまとめました。

パナソニックコードレススチームアイロンNI-WL705の悪い口コミ・デメリット

  • 付属のケースが固い(蓋が開けにくい)
  • 本体に戻しにくい
  • 思ったより冷めやすく感じた

といった声がありました。

アイロン自体には、思っていたより冷めやすく感じたといった意見がありましたが、特に目についたのは、蓋が開けにくかったり、本体に置きにくいといった意見。

NI-WL705は両方尖った形のアイロンで形が少し特殊なので、置きにくさなどがあるのかもしれません。

慣れれば大丈夫といった意見もありましたし、私も実際に置きにくいのか確認したところ、私は特に気になりませんでした。

少数派意見でしたし、気になっても使っていくうちに解消されると思えば、大きなデメリットにはならないと感じました。

パナソニックコードレススチームアイロンNI-WL705の良い口コミ・メリット

  • 何度もかけなくてもシワがのびる
  • すぐに温まる
  • スムーズに動く
  • 先がとがっているので、ボタン周りがかけやすい
  • スタイリッシュで見た目も良い
  • 蒸気が安定しているのでハンガーショットも使いやすい
  • 重さも良い
  • 片付けも簡単で楽
  • 軽くて安全で使いやすい
  • 左右上下動かしやすくて良い
  • スチームの勢いが良い

といった意見がありました。

軽くて動かしやすいといった、使いやすさについて評価が高いです。

スチームも十分でシワもしっかりのびる、アイロンとしての機能もばっちりだということがわかりました。

アイロンは面倒に感じちゃうこともあるから、使いやすさは重要だね!

実際に私も手に持ってみたら、しっくりする感じで持ちやすく、面がキラキラとキレイだなと感じました。

重さは適度な重さで大きさも丁度良く、口コミ通りでしたよ^^

 

パナソニックコードレススチームアイロンNI-WL705 とNI-WL704の違いは?

NI-WL705とNI-WL704は、見た目も型番も似ているけど、何が違うのでしょうか。

NI-WL705とNI-WL704の違い

違いは2つ。

  • グリップ部分の形
  • コードの長さ

 

グリップ部分

 

NI-WL705は、握りやすい形の指かけグリップになっています。

NI-WL704の方は、指をかけるくぼみがありません。↓

コードの長さ

 

コードの長さは、

  • NI-WL705・・・140cm
  • NI-WL704・・・160cm

で、NI-WL704のが20cm長いです。

 

また、NI-WL704は生産終了しています。

NI-WL705とNI-WL704はどちらを選べばいい?

NI-WL705とNI-WL704では、NI-WL704のが価格が高くなっています。

 

違いはグリップ部分とコードの長さなので、特に大きなこだわりがなければ安く買えるNI-WL705で問題ないといえます。

少し値段は高くても、コードの長さが少しでも長い方が良い場合は、NI-WL704がおすすめです。

コードの長さで決めるといいね。

▼NI-WL705

▼NI-WL704

パナソニックコードレススチームアイロンNI-WL705 の特徴

パナソニックコードレススチームアイロンNI-WL705とNI-WL704に共通する特長をご紹介しますね。

Wヘッドベース

今までの形だと後ろに動かすとシワがつきやすかったところ、この形で前後左右動かしてもシワがつきにくくなりました。

先端が細くなっているので、ボタン周りなど細かい部分もキレイにかけられます。

いちいち持ち替えずにアイロンがけが出来るなんて楽ちん♪

全面スチーム

通常の形のアイロンだと、先端の方にスチームが集中していますが、Wヘッドベースだと全体に広がるようにスチームが出ていますね。

 

更に、多彩なスチーム機能として、

ハイパワースチーム

パワーショット

ハンガーショット

があり、衣類に合わせてケアすることが出来ます。

ハンガーショットがあることで、衣類スチーマーとしても使えて便利だね。

 

1400Wのハイパワー

立ち上がり時間100秒という早さで、使いたい時にすぐに使えます。

出かける前に見つけたシワなんかは、つい後回しにしたり、急いでいる時には諦めてしまうことがあっても、早く立ち上がるならサッとかけちゃおうって気になれますね。

大容量タンク

大容量のタンクで、スチームが長続きします。

その他

  • コード後部設計

使い勝手や安全性に配慮され、コードの引出口は後部につけられています。

  • セーフティ形状

アイロン前方の熱いかけ面に触れにくいように、配慮されたスタンドになっています。

  • うっかりストッパー

電源の切り忘れ対応に、スタンドに置いたまま約10分で自動的に電源が切れるようになっています。

安心して使える工夫がされているね。

▼NI-WL705

▼NI-WL704

パナソニックコードレススチームアイロンNI-WL705 の購入はこちらのショップがおすすめ

パナソニックコードレススチームアイロンNI-WL705を購入するのにおすすめのショップをご紹介します。

迅速対応・梱包も丁寧
ショップ評価も良く安心してご購入いただけます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

NI-WL705-P パナソニック コードレススチームアイロン(ピンク) Panasonic カルル [NIWL705P]
価格:13000円(税込、送料無料) (2020/7/23時点)

楽天で購入

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

NI-WL705-N パナソニック コードレススチームアイロン(ゴールド) Panasonic カルル [NIWL705N]
価格:13000円(税込、送料無料) (2020/7/23時点)

楽天で購入

 

まとめ

今回ご紹介したパナソニックのコードレススチームアイロンNI-WL705。

NI-WL705とNI-WL704の違いは、

NI-WL705はグリップが握りやすい指かけグリップになっていること

コードの長さがNI-WL704のが20cm長い

ということでした。

NI-WL705の口コミも、軽くて使いやすくて良いと評価も高かったことから、満足度も高いスチームアイロンだということがわかりました。

NI-WL705は、スイスイ楽にアイロンがけをしたい人におすすめのスチームアイロンです。

 

NI-WL705は、パナソニックWLモデルで最新モデルのスチームアイロンとなります。

人気のモデルなので、タイミングによっては入荷待ちになることもあります。

NI-WL704に関しては、すでに生産終了となっているので、欲しい場合は在庫がなくなってしまう前にお早めにチェックしてみてくださいね。

▼NI-WL705

▼NI-WL704

 

よかったらシェアしてね!
スポンサーリンク
目次
閉じる