>>今売れているのはコレ!家電ランキングを見てみる【楽天】

NI-GS410とNI-GS400の違いを比較!どっちがおすすめ?パナソニック衣類スチーマー

NI-GS410

パナソニックの人気の衣類スチーマーNI-GS410とNI-GS400の違いを比較しました。

  • NI-GS410:2022年10月発売(ファッションアドバイザーMBさん監修)
  • NI-GS400:2021年9月発売

NI-GS410とNI-GS400の違いはデザイン・カラー。

GS410はGS400をベースに、ファッションアドバイザーMBさん監修のデザインになっています。

NI-GS410はマット塗装・オールブラックの色味によって質感の良い仕上がりになりました。

機能面に違いはないので、カラーと価格で選ぶと良いですね^^

NI-GS401・GS400は、アイロン面を持たないスチーム専用タイプで、

  • お出かけ前にサッとシワとりしたい
  • たっぷりスチームで衣類のケアをしたい
  • 洗いにくい衣類の除菌やニオイ対策をしたい
  • いつでも手軽に使いたい

といった方におすすめです。

シワとりだけでなく脱臭や除菌も出来るので、気持ちよく衣類を身につけられます^^

パナソニックの衣類スチーマーは、2022年6月に累計販売台数350万台を達成したという人気商品!

>>衣類スチーマー人気ランキングを見る【楽天】 

▼高級感あるデザインで新登場♪NI-GS410

▼まだまだ人気!価格重視なら、NI-GS400

NI-GS410・NI-GS400はアイロン面を持たないスチーマーですが、プレスもしたい場合はWヘッドアイロンとの併用もおすすめされています。

>>>WヘッドのスチームアイロンNI-WL706の口コミはこちらにまとめています。

スポンサーリンク
目次

パナソニック衣類スチーマーNI-GS410とNI-GS400の違いを比較

NI-GS410とNI-GS400の違いはデザイン・カラー。

  • NI-GS410:マットブラック
  • NI-GS400:ダークグレー

▼NI-GS410

▼NI-GS400

NI-GS410はファッションアドバイザーMBさんのアドバイスが取り入れられたデザインになっています。

全体的にブラック統一しマット塗装で質感を上げ、高級感ある落ち着いたデザインになりました。

部分的にロゴをなくしたり、コードの色なども変わっています。

引用元:パナソニックグループサイト

その他、機能面では同じになっています。

下記スペックを参考にしてください^^

NI-GS410NI-GS400
カラーマットブラックダークグレー
消費電力1200W1200W
外形寸法約 幅11.5×高さ28×長さ14.5cm約 幅11.5×高さ28×長さ14.5cm
質量約950g約950g
電源コードの長さ約2.5ⅿ

約2.5ⅿ
スチーム穴の数7穴7穴
立ち上がり時間
約30秒
約30秒
スチーム噴出し時間連続約9分連続約9分
注水量約160mL約160mL

▼高級感あるデザインで新登場♪NI-GS410

▼まだまだ人気!価格重視なら、NI-GS400

パナソニック衣類スチーマーNI-GS410とNI-GS400の価格を比較

NI-GS410とNI-GS400の価格の違いをみていきます。

2022年9月時点では、NI-GS400のが5,000円くらい安いです。

楽天市場の最安ショップの価格
  • NI-GS410:10,890円
  • NI-GS400:5,690円

家電は発売後、徐々に価格が下がっていき変動もしています。

NI-GS410は現時点で発売前なので、価格は高めです。

NI-GS400は、発売直後は8,000円ちょっとの価格だったので下がってきているのがわかります。

価格は常に変動するので、最新価格は確認してくださいね。

最新価格は下記で確認できます。

▼NI-GS410

>>>楽天市場で現在価格を見てみる

>>>Amazonで見てみる

▼NI-GS400

>>>楽天市場で現在価格を見てみる

>>>Amazonで見てみる

パナソニックアイロンNI-GS410・NI-GS400 選ぶならどっち?

NI-GS410とNI-GS400は、価格・機能の違いから、どちらを選ぶとよいかまとめました。

機能面に違いはないので、見た目と価格どちらを重視かによって選ぶと良いです^^

NI-GS410がおすすめな人

NI-GS410はこんな方におすすめ
  • より高級感のある見た目が好み
  • どうせなら新しいモデルがほしい
見た目重視♪

▼高級感あるデザインで新登場♪NI-GS410

NI-GS400がおすすめな人

NI-GS400はこんな方におすすめ
  • 特にカラーにこだわりはない
  • 少しでも費用を抑えたい
価格重視♪

▼まだまだ人気!価格重視なら、NI-GS400

もぐ

ちなみに私の場合は、マットブラックのが見た目がカッコよくて好みだからNI-GS410を選びたいな♪

パナソニックコードレス衣類スチーマーNI-GS410とNI-WL705の特長

NI-GS410とNI-GS400に共通する特長をご紹介します。

NI-GS410とNI-GS400の特長
  • 洗いにくい衣類も脱臭・除菌
  • 大量スチームでサッとシワやニオイをとる
  • 手軽に使えて便利
  • 大容量タンクで、連続スチーム 約9分

洗いにくい衣類も脱臭・除菌

普段、頻繁に洗濯できない衣類で気になるのがニオイ。

汗やタバコのニオイだけでなく、加齢臭もしっかり脱臭してくれます。

個人的に、衣替え時に気になる防虫剤のニオイもすっきりするのが良いなと感じます♪

また、梅雨時期には室内干しする事も増える中で生乾きのニオイも気になりがち。

おでかけしようと思った時にニオイが気になった場合焦ってしまうものです。

そんな時も衣類スチーマーなら、サッと脱臭してくれるので心強いですね!

洗いにくいスーツなどの衣服だけでなく、布製のカバンなども除菌出来ます。

今では持ち歩く事が当たり前になってきたエコバッグも、除菌して清潔に使えるのも嬉しいですね♪

つぶ

シワだけじゃなくて便利な効果がたくさんあるところが魅力だね!

大量スチームでサッとシワやニオイをとる

連続大量スチームでしっかりシワをのばします。

スチームは、スチームボタンを押している間、一定量出続けます。

スチームボタンから手を離せば止まるようになっているので、安心して使えます。

つぶ

スチームボタンを握るだけだから、簡単に使えて便利!

手軽に使えて便利

NI-GS410・NI-GS400は電源を入れて約30秒で立ち上がるので、急いでいる時にも手軽に使えます。

お出かけ前や、疲れて帰ってきた時にケアをしたくても時間がかかると思うと後回しにしてしまいますよね。

短時間で使える準備が整うので、面倒に思わないというのは大きなメリットです。

▼高級感あるデザインで新登場♪NI-GS410

▼まだまだ人気!価格重視なら、NI-GS400

パナソニック衣類スチーマーNI-GS410とNI-GS400の違いを比較 まとめ

以上、パナソニックの衣類スチーマーNI-GS410とNI-GS400の違いについてお伝えしました。

NI-GS410とNI-GS400の違いはカラー・デザインでした。

機能自体は同じなので、見た目の好みや価格で選ぶと良いです。

共通する特長から、

  • お出かけ前にサッとシワとりしたい
  • たっぷりスチームで衣類のケアをしたい
  • 洗いにくい衣類の除菌やニオイ対策をしたい
  • いつでも手軽に使いたい

といった方にピッタリといった印象です。

NI-GS410・NI-GS400は、デザインの良さ・使いやすさ・安全性などがそろった衣類スチーマーです。

パナソニックのスチーマーは人気なので、この機会にチェックしてみてくださいね^^

▼高級感あるデザインで新登場♪NI-GS410

▼まだまだ人気!価格重視なら、NI-GS400

>>>WヘッドのスチームアイロンNI-WL706の口コミはこちらにまとめています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク
目次