\ ポイント最大46倍! /詳細を見る

NE-MS4BとNE-MS4Aの違いは5つ!どっちがおすすめ?パナソニックオーブンレンジ比較

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
NE-MS4B

パナソニックのオーブンレンジ、NE-MS4BとNE-MS4Aの違いを比較しました。

NE-MS4BとNE-MS4Aは同モデルで発売年が異なります。

  • NE-MS4B:2023年9月発売NEW
  • NE-BS5B:2022年11月発売(型落ち)

新モデルNE-MS4Bと、旧モデルNE-MS4Aの主な違いは次の4つでした。

主な違い
  1. 追加機能:お急ぎあたため「スピード機能」
  2. 追加自動メニュー:「一食分メニュー」が追加
  3. 解凍時重量の設定が必要:NE-MS4Bでは解凍をむらなくするために重量の設定が必要
  4. 蒸気センサーを採用:NE-MS4Bでは蒸気センサーを採用

どちらも、基本機能充実のベーシックモデルです。

中でも大きく違うのは「お急ぎあたため・スピード機能」「一人分メニュー」新規搭載されたことです。

本文では、NE-MS4BとNE-MS4Aの違いを比較するとともに、機能や特徴についても詳しくお伝えしますね。

◆NE-MS4B
▼お急ぎ温め機能が加わったNE-MS4Bはこちら
カラーはブラックのみです。

>>>NE-MS4Bの口コミについてはこちらの記事でご紹介しています。

◆NE-MS4A
▼オートメニューも充実のNE-MS4Aはこちら
カラーはブラックのみです。

スポンサーリンク
目次

NE-MS4BとNE-MS4Aの違いを比較  パナソニックオーブンレンジ

パナソニックオーブンレンジ NE-MS4BとNE-MS4Aの違いは以下の5つです。

主な違い
  1. 追加機能:お急ぎあたため「スピード機能」
  2. 追加自動メニュー:「一食分メニュー」が追加
  3. 解凍時重量の設定が必要:NE-MS4Bでは解凍をむらなくするために重量の設定が必要
  4. 蒸気センサーを採用:NE-MS4Bでは蒸気センサーを採用

それぞれの違いを詳しくご紹介しますね。

①:NE-MS4Bに新たに加わった機能 お急ぎあたため「スピード機能」

手動あたため(500W/600W)」をスタートし、次に「スピードボタン」を押すと、高出力(最大出力1000W)に切り換えて温めを開始します。

メーカーの検証によると、市販の弁当あたため(レンジ500W/4分30秒)と、スピード機能使用時の加熱時間(2分46秒)を比較すると、あたため時間を最大38%短縮できました。

カップ麺を作るよりはやい(笑)

買ってきたお弁当をすぐに食べたい人にはうれしい機能ですね♪

②オートメニューに「一食分メニューが追加」NE-MS4B

一人で簡単に食事を済ませたい、生活リズムの異なる家族の個食に、簡単に一人分の食事が作れる6メニューが追加になりました。

冷凍ごはん、冷凍うどんと材料を耐熱食器にいれたら、あとはレンジにおまかせです。

追加になったメニューは

  • 鶏ねぎ塩うどん
  • すき焼き風うどん
  • カルボナーラ風うどん
  • チーズカレースープごはん
  • カニ雑炊風スープごはん
  • 豆腐中華スープごはん

おうちに一人でいるとき、さっとお昼ご飯をすませたいとき、受験生の夜食にと活躍しそうですね。

一方でNE-MS4Aにあった「お好み温度」「お弁当温め」「一口トンカツ」のオートメニューはなくなっています。

③解凍時、重量の設定が必要:NE-MS4B

NE-MS4Bでは解凍時に「重量」の設定が必要になりました。

型落ち機種のNE-MS4Aの場合「弱」「やや弱」「標準」という大まかなくくりで解凍の設定をしていました。

NE-MS4Bでは重さを測る必要があります。

庫内に解凍する食材を置き、ダイヤルで重さを合わせます。

いちいち重さを測るのは面倒と感じるかもしれませんが、解凍ムラのない、よりよい状態に解凍するための一手間です。

もぐ

小分けして冷凍する場合は、重さを測ってメモしておくと便利ですね。

④NE-MS4Bでは蒸気センサーを採用     

NE-MS4Aではスイングサーチ赤外線センサーを搭載していましたが、NE-MS4Bでは蒸気センサーを搭載しています。

蒸気センサーは食品から発生する蒸気の熱を感知するシステム、赤外線センサーは赤外線で食品の表面温度を感知するようになっています。

レンジで使う機会の多い「あたため」で重要な役割を果たすのが「センサー」の存在です。

一般的には蒸気センサーより、赤外線センサーの方が上位機種の搭載される傾向にあります。

NE-MS4Bで解凍時に質量の測定が必要なのはそのためでしょうか?

結論としては、NE-MS4BとNE-MS4Aにおいて温め機能にさほど差はないように思えます。

パナソニックオーブンレンジ NE-MS4BとNE-MS4Aはどっちがおすすめ?

NE-MS4BとNE-MS4Aの違いを踏まえて、どちらがどんな方にオススメかまとめています。

どちらもオーブンレンジの基本機能充実のベーシックモデルでスタイリッシュなデザインが魅力なので、機能差と価格のどちらを重視するかで選ぶと良いですね^^

NE-MS4Bがおすすめな人(2023年モデル)

 NE-MS4Bがおすすめな人
  • 温め時間を少しでも短くしたい
  • 一人分の食事をさっと作りたい
  • どうせなら新しいモデルを取り入れたい
温めたり、解凍をする機会が多い方に♪

買ってきたお弁当を、さっと温めて食べたい、温まるのを待っている時間を長く感じる。

そんな方も多いのではないでしょうか。

NE-MS4Bにはスピードあたためのできる機能が付いています。

▼ お弁当を素早く温めたい!NE-MS4Bはこちら

NE-MS4B-K

ショッピングサイトの口コミをチェックしたい方は、上記画像内「口コミを見る」からご覧いただけます^^

NE-MS4Aがおすすめな人(2022年モデル)

NE-MS4Aがおすすめな人
  • 解凍するのに重さを測るのは面倒
  • 旧モデルの機能でも十分満足
  • 予算はできるだけ抑えたい
予算を抑えたい方に♪

NE-MS4Aにはお弁当など早く温める機能はありませんが「お弁当温め」というオートメニューがあります。

旧モデルNE-MS4Aは解凍するときに重量を測る必要もありません。

スイングサーチ赤外線センサーが搭載されているので、ムラなく解凍できます。

また、新モデルが登場したことで価格が安くなっているため、予算を抑えたい方にはNE-MS4Aが向いています。

価格は、いずれ新モデルの価格が下がってくると旧型との価格差がなくなってくるので、購入前に確認することをおすすめします。

▼ベーシック機能の充実したオーブンレンジ!価格を抑えたいならNE-MS4A♪

ショッピングサイトの口コミをチェックしたい方は、上記画像内「口コミを見る」からご覧いただけます^^

NE-MS4BとNE-MS4Aの比較表

NE-MS4BとNE-MS4Aの仕様を表にまとめました。

違いのある項目は赤文字にしています。

スクロールできます
新モデル
 NE-MS4B
旧モデル
NE-MS4A
発売時期2023年9月2022年11月
カラーブラック
ブラック
お急ぎあたため「スピード機能」搭載なし
一人分メニュー搭載なし
センサー蒸気センサースイングサーチ赤外線センサー
解凍時質量測定必要不要
メニュー数89(内自動メニュー6089(内自動メニュー58
スチーム機能なしなし
チャイルドロックありあり
庫内容量26L26L
設置寸法(奥行き×高さ×幅)540×447×400540×447×400
重量14.1㎏14.1㎏

NE-MS4AとNE-MS4Bは機能的には大きな差はありません。

大きさは全く同じです。

NE-MS4Bで新たに追加になったスピード温めや一人分メニューを必要としないなら、赤外線センサーを搭載している型落ちモデルのNE-MS4Aがコスパがよいと言えますね。

NE-MS4BとNE-MS4Aの共通の機能や特徴 パナソニックオーブンレンジ

ここからは、NE-MS4BとNE-MS4A共通の機能や特長をご紹介します。

共通の機能・特徴
  • 庫内フラットでお手入れ簡単
  • コンパクトで使いやすい
  • 充実のオートメニュー/時短メニュー

ひとつずつ解説していきます。

庫内フラットでお手入れ簡単

庫内はフラットでヒーターの出っ張りがありません。また、フッ素コーティングされているので、加熱中に飛び散った食材もさっと拭き取ることができます。

お手入れが簡単なのは大きなメリットですね。

コンパクトで使いやすい

30Lまでの商品の中では業界最小の設置スペース。高さは45㎝とローフォルムです。

もちろん、オーブンレンジとしての機能は充実しています。

充実のオートメニュー

忙しい毎日をサポートするオートメニューも充実しています。

オートメニューは下ごしらえをして、あとはお任せで最適な仕上がりになるので、料理苦手な人にもおすすめです♪

  • 作り置きできる15メニュー(ミニハンバーグ・茄子の香味づけ など):時間のある時に作り置きできる簡単で日持ちのするメニュー
  • やみつき野菜4分 :(ズッキーニのチーズサラダ レンコンのカレーマヨ金きんぴら など)
  • 野菜がたっぷりとれるメニュー
  • 中華10分(えびちり 八宝菜 など)
  • 煮物10分(金平 肉じゃが など)
  • パスタ10分(エビのサラダパスタ 簡単カルボナーラ など)

下ごしらえをしておけば、短時間でできるメニューが満載

もちろん、本格的なメニューもたくさんありますよ。

もぐ

忙しい毎日を送っている主婦の強い味方ですね。

◆NE-MS4B
▼お急ぎ温め機能が加わったNE-MS4Bはこちら
カラーはブラックのみです。

>>>NE-MS4Bの口コミについてはこちらの記事でご紹介しています。

◆NE-MS4A
▼オートメニューも充実のNE-MS4Aはこちら
カラーはブラックのみです。

パナソニックオーブンレンジ NE-MS4BとNE-MS4A違いを比較まとめ 

以上、パナソニックオーブンレンジNE-MS4BとNE-MS4Aの違いを比較しました。

違いは以下の5つでした。

主な違い
  1. 追加機能:お急ぎあたため「スピード機能」
  2. 追加自動メニュー:「一食分メニュー」が追加
  3. 解凍時重量の設定が必要:NE-MS4Bでは解凍をむらなくするために重量の設定が必要
  4. 蒸気センサーを採用:NE-MS4Bでは蒸気センサーを採用

パナソニックオーブンレンジは充実の機能を備えたベーシックなタイプのオーブンレンジです。

基本的には機能に大きな差はありません。

大きさやフォルムも同じです。NE-MS4Aは型落ちになりますが、赤外線センサーが搭載されているコスパのよい商品です。

どんどん進化していくパナソニックのオーブンレンジ。

これからどのような商品が出てくるのか楽しみです♪

今回の記事が、あなたのオーブンレンジ選びの参考になれば幸いです^^

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

◆NE-MS4B
▼お急ぎ温め機能が加わったNE-MS4Bはこちら
カラーはブラックのみです。

>>>NE-MS4Bの口コミについてはこちらの記事でご紹介しています。

◆NE-MS4A
▼オートメニューも充実のNE-MS4Aはこちら
カラーはブラックのみです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次