>>今売れているのはコレ!家電ランキングを見てみる【楽天】

MC55XとMC55Wの違いを比較!口コミ評判・電気代は?ダイキン空気清浄機

MC55X

ダイキンの空気清浄機MC55XとMC55Wの違いを比較!

また、口コミ評判や電気代についてもお届けしていきます。

代金のストリーマ空気清浄機「MC55X」が2020年12年に新発売されました。

ダイキンの空気清浄機は、旧型のものもとても評判が良く人気があります。

MC55XとMC55Wは、加湿機能なしの空気清浄機です。

・MC55X(2020年12月発売)2021年モデル
・MC55W(2019年11月発売)2020年モデル

MC55XとMC55W違いは「フィルター」です。

新型のMC55Xには、TAFUフィエルターが搭載されています。

MC55XとMC55Wの主な特長は、

  • 高さが抑えられ圧迫感がなくコンパクト
    (省スペースで置き場所を取らない)
  • 充実の集塵・脱臭機能
  • 加湿機能がない
  • ストリーマで花粉に強い

口コミでも、コンパクトで置きやすい・操作が簡単・音も静か、と良い感想が多く見られています。

また、空気清浄機は常に運転させていると気になるのが電気代です。

MC55Wでは、1ヶ月の電気代の目安は標準モードで300円ちょっとで、弱モードだと約200円ほど。

自動運転だと単純計算では算出できないものですが、数百円で済むと考えられますね。

本文では、更に詳しくご紹介しています。

  • MC55XとMC55Wの違い
  • 口コミや評判
  • 気になる電気代
  • MC55Xの特長

について見ていきましょう。

▼MC55X

▼MC55W

スポンサーリンク
目次

ダイキン空気清浄機MC55XとMC55Wの違いを比較

ダイキンの空気清浄機、新モデルMC55Xと旧モデルMC55Wの違いは、「フィルター」です。

MC55X(新モデル)・・・TAFUフィルター
MC55W(旧モデル)・・・静電HEPAフィルター

旧モデルに搭載されている静電HEPAフィルターは、0.3μmの微小な粒子を99.97%除去できるとされています。

そして、新モデルに搭載されているTAFUフィルターも、同じく0.3μmの微小な粒子を99.97%除去できるとされています。

0.3μmの微小な粒子を99.97%除去するという部分では同じですが、フィルターの撥水・撥油性能に違いがあります。

HEPAフィルターは、帯電したフィルターに汚れが付着されて、汚れが少しずつ広がるので、静電力が低下してくると集塵性能も落ちてしまいます。

一方、TAFUフィルターは、撥水・撥油効果が高い素材で、汚れが広がりにくく静電力も落ちにくくなっています。

10年後でも従来の静電HEPAフィルターと比べて約1.4倍の集塵効率を維持するとされています。

つぶ

より長く性能を保てるようになったのは魅力だね!

その他のスペックは同じです。

MC55XとMC55Wはどちらを選べばいい?

MC55XとMC55Wの違いはフィルターだけですが、空気清浄機のフィルターは大事な部分なので、長く使うことを考えると新モデルMC55Xのがおすすめです。

新旧価格の違いによって、価格重視する場合はその時に安くなっている方を選ぶと良いでしょう。

フィルターの性能維持力以外は同じなので、重視する点で選ぶと良いですね。

▼MC55Xはこんな方におすすめ

・フィルターの性能維持力が高いのが欲しい
・どうせなら新モデルが良い

▼MC55Wがおすすめ

・少しでも安く購入したい

新モデルが出ると、旧モデルのが安く購入できますが、在庫が少なくなると価格が高騰することもあります。

時期によっては、新モデルのが安くなっている・・・なんてことも。

なので、欲しい場合はお早めにチェックしてみてくださいね。

▼最新価格はこちらで確認できます

▼MC55X

▼MC55W

ダイキン空気清浄機MC55X・MC55Wの口コミ評価!

大手通販ショップの楽天市場で、MC55Xはレビュー評価4.7以上という高評価。

MC55Xの悪い口コミ・デメリット

一部で下記のような口コミが見られました。

  • 思っていたより、奥行きがあり、大きかったです。
  • 自動にすると、音が大きいです。

思っていたよりも大きく感じたとの声が少数意見でしたがありました。

音の大きさは、使う時間や場所によってモードを選ぶと良いですね。

MC55Xの良い口コミ・メリット

MC55Xは圧倒的に良い口コミが多いです。

  • 運転音も静かだし、ほこりやニオイにも敏感に反応して除去してくれる
  • フィルターの交換なども10年しなくていいしコスパもいい
  • とても静かで操作も簡単で使いやすい
  • 買って良かった!

アレルギーがある人は実際に使ってみての症状の違いで、空気清浄機の効果がよくわかるところですよね。

空気清浄機は加湿機能も一緒になったタイプが多くみられますが、MC55Xは空気清浄機能だけのシンプルなモデル。

なので、お手入れも簡単になっています。

コンパクトだけどしっかり働いてくれる空気清浄機だということがわかりました。

もう一台購入した・もう一台欲しい、といった声も見られたので、商品の良さが伝わってきました。

ダイキン空気清浄機MC55Xの電気代は?

空気清浄機は運転させたままにすると、電気代がどれくらいかかるのか気になりますよね。

MC55X・MC55Wの電気代一時間当たり27円/kWhでの算出でみると、

モードしずか標準ターボ
1時間当たり0.190.270.411.0

となっています。

標準モードでも、1ヶ月400円かからないですね。。

自動運転にしていると、強弱モードが状況によって切り替わるので、生活環境やその時々で違うので単純に計算してわかるものではありません。

ですが、ターボモードでの運転は1日の中でも限られていますし、上記の表を参考にすると、やはり数百円で済むと考えられますね。

4ダイキン空気清浄機MC55XとMC55Wの主な特長

ダイキン空気清浄機MC55X・MC55Wの共通する主な特長まとめ

加湿器は別のものを使う・加湿機能は必要ない、という人にピッタリです。

また、コンパクトモデルで置きやすいのも特長です。

そして、ダイキンこだわりの「ストリーマ」

花粉に強く、気になるニオイも分解してくれます。

つぶ

コンパクトなのに、しっかりした機能で頼りになるね!

▼MC55X

▼MC55W

ダイキン空気清浄機MC55X・MC55Wとの違いを比較・口コミ評判や電気代まとめ

今回ご紹介したダイキンの空気清浄機MC55X。

MC55Wとの違いはフィルターの性能維持力でした。

口コミからもコンパクトで音も静か、使いやすい、と人気だけでなく満足度も高い商品だということがわかりました。

ダイキンの空気清浄機は評判がよく、旧モデルもまだまだ人気です。

特に旧モデルは生産終了後、価格高騰することもありますので、安いうちに購入しておくと安心です^^

タイミングによっては入荷待ちになることもありますので、気になる場合はお早めにチェックしてみてくださいね。

▼最新価格はこちらで確認できます

MC55X

MC55W

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク
目次