>>今売れているのはコレ!家電ランキングを見てみる【楽天】

HX-RK12とHX-PK12の違いを比較!どっちを選ぶ?シャープセラミックファンヒーター

HX-RK12

シャープのプラズマクラスター加湿セラミックファンヒーターHX-RK12とHX-PK12の違いを比較しました。

この2つは、新旧モデルの関係でHX-PK12はHX-RK12の型落ち品になります。

  • HX-RK12:2022年9月発売(新モデル)
  • HX-PK12:2021年9月発売

HX-RK12とHX-PK12の違いは1つ。

SIAA抗菌加工マーク

新モデルHX-RK12は、操作パネル部分が抗菌加工されSIAA抗菌マークが付きました。

また、価格面では2022年10月時点で約5,000円~の差があり、旧モデルHX-PK12のが安くなっています。

これらの違いからどちらを選ぶと良いか整理すると、下記のように考えられます。

HX-RK12がおすすめな方
HX-PK12がおすすめな方
  • 最新モデルを取り入れたい
  • 操作パネルはより清潔を保てる方がよい
  • 少しでも費用を抑えたい

HX-RK12とHX-PK12はどちらも加湿量が業界トップクラスで、

  • 大風量で足元からパーソナルスペースを温めてくれる
  • 暖房+加湿でより冬の生活を暖かく
  • 温度+加湿センサーのダブルでエコ運転
  • 薄型設計で移動が楽
  • 加湿フィルターの汚れを抑えるポンプアップ給水方式
  • フィルターの自動洗浄運転
  • 分解して掃除が可能

といった特長・メリットがあります。

お手入れしやすさや、たっぷり加湿されることが期待できます^^

本文では、HX-RK12とHX-PK12の違いを解説し、共通の機能や特長についても詳しくご紹介します。

▼しっかり大風量暖房♪HX-RK12

▼まだまだ人気!価格重視なら、HX-PK12

スポンサーリンク
目次

シャープセラミックファンヒーターHX-RK12とHX-PK12の違いを比較

HX-RK12とHX-PK12の違いは1つ。

SIAA抗菌加工マークがあるかないか。

HX-RK12
新モデル
HX-PK12
旧モデル
SIAA抗菌加工マークありなし

SIAAマークとは、抗菌性・安全性・適切な表示の3つを満たした製品に表示されるマークのことを言います。

ボタン操作などでよく触れる部分に抗菌加工がついたことで、安心して清潔に使用することができます。

シャープセラミックファンヒーターHX-RK12とHX-PK12の価格を比較

HX-RK12とHX-PK12の価格の違いをみていきます。

2022年10月時点では、HX-PK12のが安くなっています。

楽天市場の最安ショップの価格
  • HX-RK12:25,998円
  • HX-PK12:21,470円

発売したばかりの最新モデルは値段が高くつきますが、型落ちすると値下がりする傾向があります。

HX-RK12は現時点で発売から間もないので、価格は高めです。

また、購入する時期や店舗により更に値段には差が生まれます。

価格は常に変動するので、最新価格は確認してくださいね。

最新価格は下記で確認できます。

▼HX-RK12

>>>楽天市場で現在価格を見てみる

>>>Amazonで見てみる

>>>Yahoo!ショッピングで見る

▼HX-PK12

>>>楽天市場で現在価格を見てみる

>>>Amazonで見てみる

>>>Yahoo!ショッピングで見る

シャープセラミックファンヒーターHX-RK12・HX-PK12 選ぶならどっち?

HX-RK12とHX-PK12は、価格・機能の違いから、どちらを選ぶとよいかまとめました。

機能面に違いはないので、見た目と価格どちらを重視かによって選ぶと良いです^^

HX-RK12がおすすめな人

HX-RK12はこんな方におすすめ
  • 操作パネルはより清潔を保ちたい
  • どうせなら新しいモデルがほしい
抗菌加工が魅力♪

高くても最新のほうが好きであれば、こちらをお勧めします。

旧モデルにはないSIAAマークがついてるので、衛生面を重視する場合もおすすめです。

▼しっかり大風量暖房♪HX-RK12

HX-PK12がおすすめな人

HX-PK12はこんな方におすすめ
  • 少しでも費用を抑えたい
価格重視♪

新商品はどうしても高いので、安くても性能に不満がなければ価格は安く済ませたい方にお勧めです。

▼まだまだ人気!価格重視なら、HX-PK12

もぐ

ちなみに私の場合は、機能が同じなら安い方がいいかな♪

シャープセラミックファンヒーターHX-RK12とHX-PK12の特長

HX-RK12とHX-PK12に共通する特長をご紹介します。

HX-RK12とHX-PK12の特長
  • 大風量で足元からパーソナルスペースを温めてくれる
  • 暖房+加湿でより冬の生活を暖かく
  • 温度+加湿センサーのダブルでエコ運転
  • 薄型設計で移動が楽
  • 加湿フィルターの汚れを抑えるポンプアップ給水方式
  • フィルターの自動洗浄運転
  • 分解して掃除が可能
  • 切り忘れ防止機能
  • 二重安全転倒OFFスイッチ
  • プラズマクラスター搭載

ピックアップして解説していきます。

大風量で足元からパーソナルスペースを温めてくれる

従来のヒーターと比べて、風量が約30%もアップ

温風が届く距離も2倍になりました。

洗面所や脱衣所に置けば、狭い場所をすぐに温めてくれそうですね^^

暖房+加湿でより冬の生活を暖かく

加湿しながらの暖房になるので、乾燥せずに暖かく過ごせます。

勉強や仕事部屋にあれば、寒くなく集中できそうですね。

フィルターの自動洗浄運転

運転停止後にフィルターや加湿フィルター枠の汚れ(ミネラル)の付着を抑えたり、水の汚れも抑えてくれます。

スイッチを切って他のことをしてる間に自動でやってくれるのは助かりますね♪

分解して掃除が可能

抗菌加湿フィルター、加湿トレー、カバーは外して丸洗いできます。

全部が丸洗いできるわけではないですが、ぬめりが出そうな部分を洗えるのは嬉しいですね♪

清潔に使っていきたいので、洗いやすさは重要なポイントだと感じます。

▼しっかり大風量暖房♪HX-RK12

▼まだまだ人気!価格重視なら、HX-PK12

シャープセラミックファンヒーターHX-RK12とHX-PK12の違いを比較 まとめ

以上、シャープのセラミックファンヒーターHX-RK12とHX-PK12の違いと、機能や特長についてお伝えしました。

違いはSIAAマークがついているか、でした。

操作パネル部分の抗菌加工がされているかどうかですね。

最新モデルが欲しい、SIAAマーク付きの商品が欲しい方は、HX-RK12をオススメします。

値段で悩まれるのであれば、少しでも安いHX-PK12をオススメします。

機能自体は同じなので、抗菌加工の有無と価格で選ぶと良いですね^^

HX-RK12・HX-PK12はどちらも、加湿しながら暖房を行えて、安全面でも安心のファンヒーター。

新モデル・旧モデルどちらを選ぶとよいか、この記事が参考になれば嬉しいです。

▼しっかり大風量暖房♪HX-RK12

▼まだまだ人気!価格重視なら、HX-PK12

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次