>>今売れているのはコレ!家電ランキングを見てみる【楽天】

ER-V18とER-S18の違いを比較!口コミ評判は?東芝オーブンレンジ

東芝オーブンレンジの最新モデルER-V18と旧型ER-S18の違いを比較しました。

また、口コミや評判についてもご紹介します。

TOSHIBAのオーブンレンジ「ER-V18」は2020年10月下旬に新発売されました。

東芝の18L・オーブン調理も出来るフラット庫内モデルのオーブンレンジです。

ER-V18の主な特長は、

・900Wのパワフル出力ですばやい加熱
・「フラット庫内」で食品の出し入れやお手入れラクラク
・「庫内よごれプロテクト」でよごれがこびりつきにくい

東芝のオーブンレンジは、旧型のものもとても評判が良く人気があります。

型落ち商品はまだまだ機能的に優れているのに関わらず、値段が下がってお得に購入出来る良さもありますね。

ER-V18とER-S18の違いは「デザイン」「庫内コーティング」「総レシピ数」「トースト焼き上げ時間」です。

東芝のオーブンレンジER-V18は旧型のER-S18から、操作が簡単・使いやすい・掃除がしやすい、など良い口コミが多く評価が高いです。

本文では、違いや口コミについて詳しくご紹介します。

  • ER-V18とER-S18の違い
  • ER-V18の口コミや評判
  • ER-V18の特長

について見ていきましょう。

▼ER-V18

▼ER-S18

スポンサーリンク
目次

東芝オーブンレンジER-V18・ER-S18の違いを比較

東芝オーブンレンジER-V18と、2018年に発売された旧モデルER-S18 の違いは、

  • デザイン
  • 庫内コーティング
  • 総レシピ数
  • トースト焼き上げ時間」

デザイン

ER-V18
ER-S18

見た目はほとんど同じですが、「冷凍ご飯・おかず」「牛乳」「解凍」「トースト」の操作ボタンの色が違います。

ER-S18は4つのボタンが白く目立っていましたが、ER-V18では他のボタンと統一されています。

ER-V18のがよりシンプルになった感じですが、冷凍ご飯や牛乳などよく使う場合は、ER-S18のが目立つのでわかりやすいかもしれませんね。

庫内コーティング

ER-V18には、「庫内よごれプロテクト」でよごれがこびりつきにくいコーティングがされています。

つぶ

ER-S18よりお手入れも楽になったんだね。

長く使っていく上で、お手入れの楽さは重要なポイントになりますね。

総レシピ数

自動メニュー数は同じで、総レシピ数が1つ違うだけです。

総レシピ数(自動メニュー数)

  • ER-V18・・・18(26)
  • ER-T60・・・17(26)

ER-V18のが総レシピ数が1つ多いだけで、自動メニュー数は同じなので、ほとんど差はありませんね。

ちなみに自動メニューの一例として、

  • ハンバーグ
  • 鶏の唐揚げ
  • グラタン
  • クッキー

など、定番のものや、3分メニューなど便利なメニューもあります。

つぶ

オーブンレンジでの調理を主としないなら、基本的なメニューがあれば十分だね。

トースト焼き上げ時間

ER-V18とER-S18は、トースト機能がありますが、グリルでの焼き上げ時間に少し違いがあります。

ER-V18・・・約4分40秒(約3分で裏返し)

ER-S18・・・約4分50秒(約3分10秒で裏返し)

少しだけ、ER-V18のが焼き上がりが早くなりました。

10秒だけなので、気にするほどではありませんね。

その他の仕様は同じです

▼ER-V18・ER-S18共通の機能・仕様一覧

総庫内容量18L(フラット庫内)
オーブン温度100〜250℃
ノンフライ調理
グリル調理
カラッとあたため
ふっくらパン
発酵発酵(30・40℃)
レンジ出力(W)900/600・500 200相当
センサー絶対湿度センサー/温度センサー
あたため機能あっため/冷凍ごはん・冷凍おかず/牛乳/お酒/ゆで野菜/お弁当
解凍解凍(グラム合わせ)
表示ホワイトバックライト液晶表示
質量約12kg
オーブン・グリル・スチーム機能
消費電力(W)/ヒーター出力(W)
1380/オーブン1350・グリル800
電子レンジ機能
消費電力(W)/高周波出力(W)
1400/900
年間消費電力量72.6kWh/年

外形寸法(485×376×302)

庫内寸法(283x321x189)

設置寸法は左右10cm以上、後方10cm以上、上方15cm以上あけ、左右どちらか一方開放させる。

つぶ

サイズや機能は同じなんだね。

東芝オーブンレンジER-V18とER-S18はどちらを選べばいい?

ER-V18とER-S18の違いは、デザイン・総メニュー数・庫内コーティング・トースト焼き上げ時間に違いがありました。

庫内コーティングがついたことは、お手入れ面でプラスになりますね。

ただ、それ以外はどれもほんの少しずつの差です。

サイズや機能、他の仕様も同じなので、庫内コーティングにこだわらなければER-S18でも問題ないといえます。

ER-V18はこんな方に
ER-S18はこんな方に
  • どうせなら新モデルがいい
  • 庫内コーティングがある方が良い
  • 少しの差は気にならない
  • 安く買える方が良い

この記事を書いている時点では、旧モデルER-S18の方が約2,000円ほど安いです。

ただし、生産終了後に在庫が少なくなってくると、旧モデルでも価格が高騰してくることがあります。

時期によっては新モデルのが安い、なんてことも。

価格は変動するので欲しい場合はチェックしてみてくださいね。

▼最新価格はこちらから確認出来ます。

新モデルER-V18

まだまだ人気!旧モデルER-S18

東芝オーブンレンジER-V18とER-S18の口コミ評価!メリット・デメリットは?

ER-V18は、良い口コミが多いですが、ここでは悪い口コミもまとめてご紹介します。

RE-V18の悪い口コミ・デメリット

  • あたためムラが気になる
  • レンジの扉を閉める音が気になる

少数意見であたためムラが気になるとの意見がありました。

逆に、あたためは問題ないとの意見もあったので、以前使用していたものとの比較で感じることとも思われますね。

ER-V18の良い口コミ・メリット

・庫内コーティングで汚れが付きにくい
・庫内がフラットで掃除がしやすい
・庫内が広くてお弁当も入って便利
・必要な機能は十分そろっている
・動作音は気にならないレベル
・デザインがスタイリッシュ
・圧迫感がないサイズ
・すぐにあたたまる
・解凍もきれいにできる
・操作が簡単で使いやすい
・ボタン表示がシンプル

全体的に良い口コミが多いです。

「操作がしやすく使いやすい」「手入れが簡単」というのは長く使っていく上で重要なので、良いという感想が多いく安心ですね。

コンパクトなサイズなのにオーブン機能もついていて、機能も十分で満足との声も目立ちました。

コンパクトだけどオーブン付きのオーブンレンジがが欲しい人にはピッタリですね。

ちなみに、大手通販サイト楽天市場でも口コミレビューが見られます。

もっと多くの口コミを見たい場合はチェックしてみてください。

>>楽天市場のER-V18の口コミレビューを見てみる

東芝オーブンレンジER-V18・ER-S18の主な特長

東芝オーブンレンジER-V18・ER-S18の共通する主な特長をご紹介します。

900Wのパワフル出力

900Wの出力で、すばやく加熱してくれます。

あたためを主に利用すると思うので、パワーがあるといいですよね。

「フラット庫内」で出し入れラクラク

間口に広さがあるので、食品の出し入れがしやすくなっています。

広さがあると、お手入れもしやすいですね。

つぶ

幅がありがちなコンビニ弁当のあたためにも、広さがあるから入れやすくて便利だよね。

26の自動メニューでおまかせ調理

ハンバーグやグラタンなど、定番の人気料理の自動メニューがあります。

オーブンレンジで普段調理はしない場合も、定番メニューだけでも簡単調理できると便利ですよね。

あたためだけでなく、レンジ調理も出来たらいいな、という方には嬉しいですね♪

新モデルER-V18

東芝オーブンレンジER-V18・ER-S18との違いを比較・口コミ評判まとめ

今回ご紹介した東芝オーブンレンジ ER-V18。

ER-S18との違いはいくつかありましたが、どれも小さな違いでした。

ほんの少しの違いなので、特にこだわりがなければ安く買える方で問題ないですね。

機能が十分・使いやすい・お手入れがしやすい、といった良い口コミが多く見られました。

ER-V18・ER-S18は、コンパクトでシンプル・使いやすくて機能も十分なオーブンレンジ。

多機能のものはいらないけど、十分な機能はそろっているオーブンレンジが欲しい方にピッタリですね♪

旧モデルER-S18は2018年に発売され、今も人気のオーブンレンジです。

特に旧モデルは生産終了後、価格高騰することもありますので、欲しい場合は安いうちにチェックしてみてくださいね^^

▼ER-V18

▼ER-S18

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク
目次