>>今売れているのはコレ!家電ランキングを見てみる【楽天】

CRC-A300とCRC-B301の違いを比較!口コミも【タイガーホットプレートこれ一台】

CRC-A300

CRC-A300とCRC-B301の違いを比較!口コミも【タイガーホットプレートこれ一台】

ということで、お届けします。

「タイガーホットプレート これ一台」シリーズはとても人気がありますね。

新モデルも出てくる中で、旧モデルの人気も根強く、CRC-A300もよく売れています。

今回は、似ているように見える「CRC-A300」と「CRC-B301」の違い

また、まだまだ人気の「CRC-A300」の口コミ・評価についてご紹介しますね。

タイガーホットプレートCRC-A300とCRC-B301の違いは、電源コードの長さとプレートのコーティングです。

また、CRC-A300の口コミは「煙や油はねが少なく良い」「使いやすくて便利」「片付けが簡単」といった良い口コミが多く、評価が高いです。

大手通販サイト楽天市場でも、CRC-A300はホットプレートランキング上位に入っている人気ぶり♪

こちらからチェックできます。

↓ ↓ ↓

>>ホットプレート人気ランキング【楽天】 

では、タイガーホットプレートCRC-A300とCRC-B301の違い・口コミについて詳しく見ていきましょう。

人気の秘密の特長についてもご紹介しますね^^

CRC-A300

CRC-B301

スポンサーリンク
目次

タイガーホットプレートCRC-A300とCRC-B301の違いは?

CRC-A300とCRC-B301の違いは次の2つ。

  • 電源コードの長さ
  • プレートのコーティング

CRC-A300は1.8mい対し、CRC-B301は3mの長さがあります。

つぶ

3mの長さがあると、8畳間でも延長コードなしで大丈夫なんだって。

プレートの違いは、

▼CRC-A300

・『3層遠赤土鍋コーティング』

土鍋素材の遠赤効果で旨味をじっくり引き出します。

2010年製に比べ、プレ一トの耐久性が約2倍になりました。

プレ一卜表面についた汚れが落ちやすくなっています。

▼CRC-B301

・平面プレートに『硬質セラミックスハードフッ素コ一テイング』

・穴あき波型プレートとたこ焼きプレートに『遠赤長持ちコート』

耐久性アップいつもよりキレイが続くように。

プレートのコーティングに違いはありますが、どちらも耐久性アップや汚れを落としやすい工夫がされています。

2022年4月時点で、楽天市場での最安値の価格差は約1,000円くらいで、CRC-B301のが安くなっています。

※ 価格は変動するので、最新価格は要チェックです。

最新価格は下記リンクで確認出来ます。

CRC-A300

>>>楽天市場で見てみる

CRC-B301

>>>楽天市場で見てみる

CRC-A300とCRC-B301は選ぶならどっち?

CRC-A300とCRC-A300の違いは次の2つでした。

  • 電源コードの長さ
  • プレートのコーティング

違いから、どちらが良いか。

CRC-A300がおすすめ
CRC-B301がおすすめ
  • コードが短い方がいい
  • 旨味じっくり引き出すプレートが魅力と感じる
  • 価格重視!少しでも予算を抑えたい
  • コードは長い方が良い
  • コーティングが長持ちするプレートがいい

価格差はあまりないので、コードの長さ・プレートのコーティングの質で選ぶと良いですね。

もぐ

ちなみに、私だったらコードが足りなくなるのが嫌だから、コード長めのCRC-B301がいいかな。

CRC-A300

CRC-B301

タイガーホットプレートCRC-A300の口コミ評価

多くの口コミから良いもの・悪いものをまとめました。

タイガーホットプレートCRC-A300の悪い口コミ・デメリット

少数ですが、気になる口コミもありました。

・思ったより大きい・小さい
・収納がしにくい

一部、収納しにくいという声がありました。

ですが逆に、コンパクトで収納しやすいという良い口コミもあったので、これは収納スペースなどによって感想が分かれると思われます。

購入時のダンボールと発泡スチロールに立てて入れて、出し入れしやすくしているという声もありました。

ホットプレートが入っていた箱をそのまま使用して、すっきり収納する工夫は参考になりますね。

タイガーホットプレートCRC-A300の良い口コミ・メリット

CRC-A300は、圧倒的に良い口コミが多いです。

  • 丁度よいサイズ
  • シンクで洗いやすいサイズ
  • 煙が一般的なプレートより出ない
  • 油ハネや煙が出ず、快適な使い心地
  • 油がスムーズに流れる
  • 火力もばっちり
  • 油ハネも少なくてよかった
  • 後片付けが楽
  • 汚れが簡単に落ちる
  • 本体も分解できて隅々までしっかり拭ける
  • ムラなく火が回り火力も問題ない
  • 使いやすくシンプルで飽きないデザイン
  • コンパクトで出しやすく使いやすい

煙や油はねが少ないという意見がが多いです。

さらに波型プレートは余分な油を落としてくれるので、焼き肉も煙が少なくヘルシーに楽しめるのが良いですね。

焼き肉だけでなく、たこ焼きも楽しめるので色々使い回せるのも魅力です☆

お手入れもしやすいので、1度使ったきりしまったまま・・・なんてことになる心配もないですね^^

タイガーホットプレートCRC-A300とCRC-B301の特長

タイガーホットプレートCRC-A300とCRC-B301共通の特長について見ていきます

新構造穴あき・波型プレート

大好評の「油キャッチャー構造」がさらに進化!

油が流れやすい角度をつけ、スムースに油を落とします。

つぶ

焼肉もヘルシーに楽しめるね。

3枚プレート

3枚のプレートがついているので、料理の幅が広がります。

  • 穴あき・波型
  • 平面
  • たこ焼き
つぶ

たこ焼きは、いっきに30個焼けるから大人数でも楽しめるね♪

使いやすさ・便利機能

使いやすいスクエアタイプで、手の届きやすい薄型設計。

食べやすさと安全性がアップしたので、子供も大人も安心して楽しめますね。

お手入れ

分離出来るので、お手入れが簡単!

焼肉などの後には油がいっぱい付くので、洗いにくいと大変ですよね。

CRC-A300・CRC-B301は、片付けも簡単なので手軽に使えます。

つぶ

後片付けが面倒だと、せっかく買っても出番が少なくなっちゃうから、洗やすさは重要なポイントだね!

CRC-A300

CRC-B301

CRC-A300とCRC-B301の違いを比較!口コミまとめ

タイガーホットプレートCRC-A300とCRC-B301について見てきました。

CRC-A300とCRC-B301の違いは、電源コードの長さとベルトのコーティングでした。

どちらか迷った場合、使う上での大きな違いとしてコードの長さが必要かで選ぶと良いですね。

口コミでは煙や油はねも少なく使いやすいとの声が多く、人気があるのも納得でした。

ヘルシーに楽しめる工夫や、お手入れが簡単になるように考えられているので、長く活用出来ること間違いなし!です。

欲しい場合は在庫がなくなってしまう前に、お早めにチェックしてみてくださいね^^

CRC-A300

CRC-B301

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク
目次